過敏正腸症候群について

お世話になります。

今回は、IBSについて書いてみます。

まず、IBSとは「過敏正腸症候群」の事で、昔は神経性の腸炎と呼ばれていました。

簡単に言うと、精神的に大きなストレスを感じる事により、激しい腹痛や下痢、便秘をおこすものです。

まあ、大きなストレスを解消してあげれば、自然と治るものですが、そう簡単には行かないのが現実…。

このような場合、当院では「はり治療」をお勧めしています。

「はり」にて、自律神経系の調整を行う事で、上記のような症状を軽減する事ができ、患者様によっては「花粉症」の症状も軽減したという事例もあります。

つまりは自己治癒力が向上し、自律神経系・免疫系などが正常化したものと考えられます。

もちろん全ての患者様に効果が出るとは言い切れませんが、以前から上記の症状にお悩みだったならば、一度試されるのも良いかと思います。

 

 

 

コメントを残す